早撰堂


私が宿をやるきっかけの一人が、早撰堂のおかあさん。

物件を探している頃から、世間話のような、愚痴のような、人生相談のような、ふわっと浮いて中身の無い話を聞いてもらっていました。


「決めるのは自分だよ、考えな。」「はいはい、決めたらやりな。」


どんな話も後味さっぱり聞いてくれて、本当に救われました。


和菓子、何を食べてもおいしいです。

その証拠が、地元のお客さんの数。

おかあさんとおしゃべりしてると、必ずといっていいほど地元のお客さんが買い物に来られます。


季節の練り菓子を愛でるも良し。

このショーケースもかわいい。かわいい。


村上土産として、よくガイドブックに載るのはこちら。

鮭の切り身落雁。あんこ入り。


個人的なおすすめは、最中。

あずきの餡と、村上茶の餡の2種類。

お店に並ぶ出来立ては、皮がぱりぱり。

一日置くと、皮が餡に馴染んでこれぞ最中…!な美味しさ。

お店のおかあさんのおすすめは後者。私は前者も好きです。いや、我慢できずにすぐ食べちゃう、が正しいかな。



和菓子好きの我が息子は、早撰堂さんの紙袋を見ると

「おいしいやつだ!お茶いれて!」とせがむようになりました。


よく分かってるじゃん。


- - - - - - - 

早撰堂(そうせんどう)

住所:新潟県村上市大町3-5

営業時間:9:00~18:00

よはくだらけの村上手帖

新潟県の北の端のちいさなまち、村上。 このまちで素泊まりの宿 よはくや を営むわたしが紹介したいお店や見どころを集めました。 おでかけのお供になれますように。